flower border

happy bridge

日常の備忘録。

犬の自宅シャンプー

Category犬グッズ
雨が降っていないのが幸いですが
台風みたいな強風です@東京


都内の桜は今日で散っちゃいそうだね・・・

花の命は儚いねえ〜




そうそう!
うちのお庭の桜の木、全然咲かないのよ...´д` ;

蕾みすらついてない。

根元の方だけ、新芽と葉が生えてきてる。

調べてみたら、花より先に葉が出てくる『山桜』って種類なのかも?

そういえば。
昨年4月中旬に今の家の内見に来た時に
ちょろっちょろっと咲いていただけだった....

もともとソメイヨシノとは違う、沢山花がつかない種類なのかも。

「ここに住んだらお花見ができる♡」
な〜んて期待していたのに残念....´д` ;








********




さて。

どこのわんちゃん?٩( ᐛ )و

20150403_ふうちゃんシャンプー01




今日はふうちゃんのシャンプーをしました。

ふうちゃんは着膨れならぬ、毛膨れ!

本当はおデブ犬じゃないことを分かって頂けたでしょうか٩( ᐛ )و

20150403_ふうちゃんシャンプー02






今日は初めて犬を飼う方に向けて・・・
『犬の自宅シャンプー』のやり方というか、
ちょっとしたコツなんぞを書いてみますね(͏ ˉ ꈊ ˉ)✧˖°

犬を飼ってない方、ごめんなさいw
ベテランの方、偉そうにスミマセン´д` ;






私も最初は超〜ビビりビビリでやっていました。


ペットショップのスタッフさんから
「犬は肌が弱いのでシャンプーは2週間以上は空けたほうがいい」
と聞いたので、守っています。


最初の頃は、目や耳にお湯が入ったら心配で
頭や顔を洗うのが怖くて洗えなかった!


でも犬のシャンプーコースの見学体験をさせて頂き
怖がらずにできるようになりました。



なんと・・・

顔周りは食器洗い用のスポンジで洗うんですって!

洗い流す時も直接シャワーをかけるのではなく、
スポンジにお湯を含ませて頭の上で絞って流す。

多少目にお湯がかかっても、自分で目をつぶるから大丈夫との事。

ただ耳にはお湯が入らないように気をつけてやる必要があります。



シャワーのお湯の温度は38度。

人間からしたらちょっとぬるいな、ぐらい。



弱い犬の肌にも優しくて
万が一舐めてしまっても安全な
オーガニックシャンプーを使っています。

自宅シャンプーは月に1〜2回なので、この分だと半年はもちそうです。

20150403_犬のシャンプー


↓シャンプー購入先



↓コンディショナー購入先






ふうちゃんはシャンプー中はおとなしいのですが
シャンプー後はとんでもなく興奮状態になりますw

なので、洗った後はタオルドライして、
一旦部屋に解放してやります。


「ガルルルル.....ガルルル.....」
と興奮を発散するかのごとく、走り回りますw


5分ぐらいで落ち着いてくるので
おやつをあげてドライヤータイムへ。




最初の頃はドライヤーを嫌がるので自然乾燥にしていましたが
風邪をひいてしまったり、生乾きだと細菌が繁殖しやすいそうで
ドライヤーは必須だそうです。


テーブルの上など高い場所に座らせると逃げ場がないため、
堪忍しておとなしくなります。

ちなみにうちでは洗濯機の上でやってますw






ドライヤーで乾かす時は、クシでブローしながら。

じゃないと、毛が縮れたままになる。
これはクセ毛の人間と同じかしら。

温風と冷風を交互に当てながら。

耳の皮膚はさらに弱いそうので、
毛並みにそって優しくクシでとかしましょう。





犬の美容室はドライヤーが固定されているので両手が使えますが
家庭でドライヤーを固定できない時は、胸の谷間にドライヤーを挟む!

エプロンの胸あて部分にひっかけると固定しやすいです。

両手が使えるとかなりやりやすいです!

これは目から鱗でしたよ^^





あとは、サッサとスピーディに!

躊躇しておそるおそるゆっくりやるよりも
犬にとっては苦痛な時間をなるべく短くしてやる。




フワフワでいいにおいになりました(*´艸`*)

20150403_ふうちゃんシャンプー03




以上、どこかの誰かの参考になれば幸いです^^♪







【おまけ】

今回のカットはビミョー。。

やたらデブちんに見えるんだもん´д` ;

ビションフリーゼらしくアフロカットを目指そうと
毛を伸ばしている最中なのでやむを得ませんが...



こういう感じ!
この子めっちゃかわいい´д` ♡

120831_2.jpg
(画像お借りしました)


手入れがかなり大変そうですね^^;



関連記事

0 Comments

Post a comment