flower border

happy bridge

日常の備忘録。

金沢帰省。

Category●日々の日記
このお正月は相方の実家のある金沢へ、初めて一緒に帰省しました。

相方のご家族と初めて会う事ができ、
相方の生まれ育った街を見る事ができました。



初日、お昼に金沢到着。天気は雨と風で、大荒れ。
悪天候の中、わざわざ駅まで車でご両親が迎えに来てくださいました。
改札で手を振って待っていてくださったお義母様の素敵な笑顔に、
ほっとしたのを覚えています!

この日はちょうどご親族の年賀パーティーで、私も参加させて頂きました。
相方の従兄弟の営む和食料理屋で総勢17名の賑やかなお正月の集いでした。

完全アウェイな私でしたが皆さんに気を遣って頂けて緊張も和らぎ、
見た目も美しく、もちろん美味しい和食をたらふく頂きました!
甥っ子・姪っ子達の出し物に和みました。
(日本舞踊やあたりまえ体操とかいうのをやってました!)


さすがによそ者がパシャパシャ写真撮影するのは失礼かと思い、
撮影は自粛しました(*´エ`*)



*************



翌日は相方とふたりで金沢観光をする予定でしたが
急遽、ご両親と二番目のお義兄さんがわざわざ案内をしてくれることになりました!

特にお義兄さんが地元名所にとても詳しい方で
行ってみたかった町家や武家屋敷、近江町市場の穴場スポットや伝統工芸店など、
細かくガイドをしてくださりました。

途中雪も舞ってましたが、雪で情緒が増して素敵でした。
この寒がりな私ですが、観光中は夢中で不思議と寒くなかったです!

金沢が小京都と言われるのがよくわかりました。
噂以上にとても素敵なところでした。
相方と二人だけだったらこんなにしっかり観光できなかったと思います。
(相方さん、金沢の観光名所をちっとも知らないの。ま、案外とそんなものよね!)




犀川。
そうそう、金沢の空はこんな感じでほぼ曇っているそうです。
ロンドンみたいですね〜(ロンドン行った事ないけど!)
ひがし茶屋街_犀川


町家が残る、ひがし茶屋街。
茶屋街

ひがし茶屋街_きむら

ひがし茶屋街_町家



金沢のお正月は門松やしめ縄ではなく、素朴な松の枝なんですって。
ひがし茶屋街_松


金箔の蔵!国内での金箔生産の99%が金沢だそうです。
ひがし茶屋街_金箔の蔵


芭蕉の碑もある、高台の宝泉寺は金沢市内を一望できる穴場だそうです。
宝泉寺からの眺め


近江町市場。お正月はほとんどお休みでしたが
お義父様行きつけのお寿司屋さんでお昼をごちそうになりました。
近江町市場

近江町市場_かに


武家屋敷界隈。
この界隈には陶磁器や漆器などの食器屋さんが数多くありました。
武家屋敷2

相方とお義母様。微笑ましい♪
武家屋敷1


道からお水が!
雪国ならではの、地下水で雪を溶かすそうです。
地下水で雪を溶かす


相方のご両親と宝泉寺展望をバックに記念撮影。
田村ご両親




今回の初帰省の目的はご家族にご挨拶だったのですが、
すっかり観光旅行に行ったようになってしまいました(͏ ˉ ꈊ ˉ)✧˖°

旧さを大切にしている素敵なところだったし、
ご家族も優しくしてくださったりで、金沢が大好きになりました。

今回、結婚について意識することができたのと同時に、
『彼女』と『嫁』の違い、妻としての自覚を問われた気がしました。

いい意味で気が引き締まるきっかけになって良かったです。

花嫁修業がんばります(*´エ`*)



************


相方のご家族の皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。
ふつつか者ですが今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
関連記事

0 Comments

Post a comment