flower border

happy bridge

日常の備忘録。

堀内誠一展。

Category●日々の日記
今日は昼間に世田谷文学館へ。
anan等のロゴデザインから誌面デザイン、絵本の挿絵などで活躍していたという
堀内誠一・旅と絵本とデザインと』という展覧会に行ってきた。

雑誌デザインの大先輩として、かなり刺激を受けました!
少し忘れかけていた、デザイナーとしての誇りを思い出せたよ。。

私も常に思っていた事を
堀内氏も語っていたみたいで、それが嬉しかった。

『雑誌一冊は料理のフルコースみたいなもの。
素材を活かすも殺すも料理(デザイン)次第。
盛りつけ(デザイン)次第で視覚からも良く見せる。
前菜~デザートまで、どう展開して見せるかが腕だ』



堀内氏はパリを中心に世界中を旅していて
それを挿絵付きで雑誌に連載していたみたいで
それ読んでたら面白くてすごくパリに行きたくなった。
普通のガイドブックとは視点が違うからね。
そういうの、今でこそ多いだろうけど、当時(70年代)は斬新だったようで。
時代の先駆者ってすごいよね!


今週は雑誌の仕事がさらに増えて忙しくなり
密かに観たかった海老蔵様の石川五右衛門は断念したけれど、
堀内氏の展示会はリアルに刺激になりそうだったから
無理してでも行きたかったんだ。

なにせ4日ぶりの外出で、秋晴れの空気も気持ちよく、良い気分転換になりました。
次はメアリーブレア展に行く予定。
あと、海老様(笑)


そうそう、世田谷文化館には立派な錦鯉がいっぱい泳いでました!
090827_1249~02
関連記事

0 Comments

Post a comment